On

太陽の恵みを暮らしに活かす!太陽光発電の必要性を理解しよう!

Posted by admin

太陽光発電が広く普及している理由

太陽光発電はパネル上の発電設備に日光を当てることで電力が供給されます。従来の発電施設と比べて大掛かりな設備を必要としないことから、電線の敷設が難しい山間部や離島での発電に最適です。また、日光の照射によって電気が作られるので二酸化炭素や放射性物質の放出が無く、環境を損ないません。そのため、都市部での電力確保手段としても普及しています。太陽光発電は専用のパネルを置くスペースがあれば利用出来ることから、建物の屋上や屋根に取り付けることで必要な電力を賄うことが出来ます。特にアパートなどの集合住宅や雑居ビルは一つの建物の電力消費量が多いことから、大量の電気を得る目的で使用されています。

自然エネルギーを生活に用いる利点と注意点

日光は無限に得られる自然エネルギーとして注目されています。太陽光発電は日光を有効に活用する手段として注目されていますが、その一方で安定性に欠ける問題もあるので注意が必要です。発電に必要なソーラーパネルに汚れや雪が付着すると発電効率が悪くなるので、必要な電力を確保するためにはこまめなメンテナンスが不可欠です。また、天候で発電量が左右されることから季節によっては発電量が不足する欠点もあります。

太陽光発電は自然環境を守りながら快適な暮らしを営むことが出来るエネルギー供給源ですが、恒常的な使用には不向きな点もあります。太陽光発電の欠点を正しく理解したうえで従来の発電設備と併用するのが安定した電力供給を保つための工夫です。

太陽光発電の価格は、1KWの価格で考えます。標準的な材工費に加え、瓦の形状や屋根面の枚数や屋根の勾配などの要因により価格が変動します。