On

ココに着目しよう!レンタル倉庫の選び方3選

Posted by admin

サイズバリエーションで会社を決める

自宅に入りきらない荷物や、家族にも見られたくないアイテムを保管したい場合、レンタル倉庫を利用する方法がオススメです。倉庫といってもピンからキリまであり、コンテナ型倉庫や屋内の部屋型倉庫まで存在します。

この中から会社と倉庫を選ぶ際、まずはレンタル会社のサイズバリエーションを調べましょう。屋内型倉庫の場合、コンテナ型倉庫よりもバリエーションが多く、安価で小さな倉庫もラインナップされている可能性があります。したがって、使用用途や荷物の量を把握してから選ぶと効果的ですよ。

女性の方はセキュリティが重要

続いては、セキュリティレベルを基準に決める方法です。最新のビル型倉庫の場合、会員の鍵がなければロビーにすら入れないので、不審者が勝手にビル内に入る心配がありません。また、監視カメラや監視員による監視体制があることもメリットです。女性が夜間に一人で利用する際に役立ちますよね。大切な荷物を盗まれないことに加え、利用に関する様々なトラブルを避けたい方には特にオススメの要素です。

空調管理は意外と大切

そして空調の完備も忘れてはいけません。例えば、湿度が高い夏場の利用はカビが生えやすく、気温や湿度の影響を受けやすいアイテムの保管には十分注意が必要です。しかし、24時間365日しっかりと空調管理されている倉庫を選べば、まったく問題ありませんよ。

このように、レンタルできる倉庫の種類は数多くあります。会社によってサービス内容が異なるので、今回紹介した3つのポイントにマッチした会社を選ぶ方法がオススメです。

物流とは商品をお店に届けるまでの間に行う輸送や倉庫にて保管し、消費期限など管理する事でそれに付随する業務全般を指します。