On

社員研修を実施する前に把握しておきたいポイント

Posted by admin

参加する社員を厳選する

社員研修を実施する企業は年々増えている状況なので、興味や関心を持っている人事担当者は多いでしょう。実施すれば学ぶことになりますが、ただ参加してもらうだけでは仕事に活かしてもらえない可能性があります。そのため、社員研修を実施する前に参加する社員を厳選するようにしましょう。たとえば、ベテランが新人と一緒に業務の基礎を学ぶ社員研修に参加するのは意味がないです。逆に新人が高度な知識を学べるベテラン向けの研修に参加しても理解できない内容が多くなってしまいます。せっかく社員研修を開催するわけですから、ピッタリの内容を準備することが企業としての役割なので、社員の勤続年数や担当している仕事などを加味して検討を重ねましょう。

身に付いたことを教えてもらう

社員研修の実施で身に付けた内容は仕事で活かすことで会社に還元します。そのため、実施してから会社の状況がどのように変化したのか経過を注意深く見る必要があります。また、社員研修の参加者には身に付いたことを教えてもらうことも重要です。ただ参加してもらうだけで終わってしまうと、何を身に付けたのかどうか判断に困ってしまいますし、しっかりと参加している人がいる一方で、不真面目な態度で参加している人がいる可能性も考えられます。ですから、社員研修の実施後にアンケートを記入してもらうことをおすすめします。社員研修の内容だったり、参加したことで身に付けたこと、感じたことなどを記入してもらうことで、意味があったのかどうかを判断できます。

管理職研修では、講座によって多少の違いはあっても、大まかには管理職への意識転換・PDCAによる業務管理・部下の育成・業務改善・リスクマネジメントなどを学ぶことになります。