On

青色申告と白色申告の違いとは何でしょうか?

Posted by admin

かかる手間が異なります

確定申告には青色申告と白色申告の二種類がありますが、その違いはどこにあるのでしょうか。1つはそれぞれにかかる手間の違いです。青色申告は複式簿記で帳簿をつける必要があって、これが複雑でとても時間と手間がかかるのです。その一方で白色申告の場合には単式簿記でほとんど手間がかかりません。もちろん、青色申告であっても単式簿記を選ぶことができますが、控除額が少なくなるというデメリットが発生してしまいます。また、青色申告をするには事前に届出が必要になります。税務署に「開業届」と「青色申告承認申請書」を提出しないと青色申告はできません。一方、白色申告であれば届出をすることなく可能です。より厳密に言えば届出をしない時点で自動的に白色申告になるのです。

節税効果にも違いがあります

青色申告と白色申告のもう1つの違いは節税効果です。青色申告は申告するのに手間がかかりますが納税する額が少ないです。それに対して、白色申告は申告するのにほとんど手間はかかりませんが納税する金額が大きいのです。具体的には青色申告であれば最大で65万円も控除額があります。これは大きな節税対策になります。ちなみに、単式簿記を選んだときの青色申告なら控除額は10万円です。手間と節税効果の2つが大きな違いですが、細かいものを挙げれば他にもあります。確定申告をするときの書類は、青色申告なら「青色申告決算書」で、白色申告なら「収支内訳書」です。これらは確定申告書と同時にそれぞれ提出しないといけないものです。

青色申告をする際には、事前に所得税の承認申請書を提出しなければいけませんが、一度提出すれば翌年以降は申請の必要はありません。