On

倉庫に工夫あり!倉庫の仕事で身につくこと!

Posted by admin

倉庫がないとどうなる?

お金を持っていてもお店に商品が置いてなければ買うことはできません。品切れを起こした時、店舗ではどこから品物を取り寄せるのでしょうか。工場で生産された製品は、まず倉庫に保管されます。その後店舗の発注に合わせて各倉庫から商品の発送を行うわけです。いつでも商品や部品の出荷ができるようにしておくのが倉庫の役割なのです。もし倉庫がなかったら、どこのお店も品切れが続出してしまうでしょう。

どんな時だって一目瞭然

皆さんは自分の机の中をきれいに整頓できていますか?キッチンで道具や材料を素早く取り出すことができますか?整理できていると言い切れる人は圧倒的に少ないはずです。むしろいつかやろうと思いつつ、結局ぐちゃぐちゃになっているというのが本音ではないでしょうか。商品管理が行われている倉庫では、どんな時だって一目瞭然に整理整頓されているのが当たり前のことです。数千ものアイテムを管理している倉庫から見れば、個人の所有物を整理するなど容易いことです。

倉庫で働いて整理術を学ぶ

ドラッグストアなどでは、買いたい商品がすぐ見つけられるように置いてあります。通路に番号を振ったり、良く見える位置に表示を付けたり、そこには様々な工夫があります。システムで管理された倉庫なら端末に型番等を入力すれば、何番通路の何列目の何段目の棚にあるかを瞬時に調べることができます。引当率の低い商品は奥の列、毎日何百個も出るような商品なら手前の列というように、商品の稼働に合わせてメンテナンスしておけば、更に分かりやすくなるでしょう。倉庫は整理の専門分野ですから、倉庫で働くことでこうした整理術が身に着きます。

3PLは荷主自身が物流を行うのではなく、物流に特化した第三者企業が荷主に代わって物流を行います。荷主は倉庫や要員を抱える必要がなく、人件費や教育の負担も軽減し、経費で処理できるメリットがあります。