On

どんなことがわかるの?適性検査について知ろう

Posted by admin

なぜ適性検査を行うのか

皆さんは、適性検査について詳しく知っていますか?適性検査は多くの企業が行っているので、就活したことがある人なら誰でも知っていると思います。適性検査は、さまざまな試験を行い、受験者が企業が求める人材かどうかを見極めるために行われます。学歴や容姿だけではその人の能力を測定することはできません。高学歴なのに仕事ができないという人も多いです。多くの企業は採用ミスや人材の早期退職に頭を抱えていて、せっかく採用コストや育成コストをかけたのに簡単にやめられるのは大きな損害なのです。また、採用選考の際は、大勢の就活生が応募してきます。それだけ多くの受験者をエントリーシートや面接で判断するのは大変な労力と時間を使います。適性検査は人事部の負担を軽減されてくれる便利なツールなのです。

適性検査でどんなことがわかるのか

適性検査を受けたことのある人は「こんな検査で何がわかるのか」と疑問に思う人も多いと思います。しかし、多くの企業が行っている以上、それなりの効果は期待できるということです。適性検査には大きく分けて「能力検査」と「性格検査」の2種類があります。能力検査では、小学校~高校生レベルの基礎学力があるか、一般常識があるか、論理的思考力があるかなどを見られます。性格検査では、コミュニケーション能力があるか、チャレンジ精神があるか、ストレス耐性はあるかなどを見られます。特に性格を重要視する企業は多く、コミュニケーションをとるのが苦手な人や不安を感じやすい人などは敬遠される傾向にあります。

適性検査とは、あらかじめ求められる技術や職種、およびポジションが決まった上で実施されるテストで、重要度の高いものです。